有料老人ホームとサ高住の違い

subpage01

高齢化社会をささえる施設として注目されているものに、有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅があります。
どちらも高齢者が生活を送るための施設であり、違いがわからないと言う人は多いのではないでしょうか。


二つの施設の違いを理解し、自分にあった施設を選択することが重要です。

有料老人ホームとサービス付き高齢者向け住宅とでは管轄する省庁が違います。


サービス付き高齢者向け住宅は国土交通省が管轄している高齢者向け住宅であり、建設の際には国道交通省による助成が受けられます。

有料老人ホームは厚生労働省の管轄になります。
こちらの施設も年々増加している状況にあり、高齢化社会を支える重要な役割を果たしています。
二つの施設の一番の違いは契約内容です。

サービス付き高齢者向け住宅はバリアフリーなどの高齢者が生活しやすい住環境が整っていますが、契約方法はあくまでも賃貸契約です。



つまり、一般的な賃貸アパートや賃貸マンションと同じ契約方法です。

生活支援サービスや介護サービスは選択式となっており、必要な場合は別途契約するのが基本です。

それに対して有料老人ホームは介護施設という扱いになり、契約形態は利用権方式となります。利用権方式は入所一時金が必要な契約方法で、施設の設備やサービスを利用する権利を確保する契約方式です。

nanapiの情報サイトを利用して良かった。

住居とサービスを包括的に契約するという点が大きな違いです。

他にも施設を開設する際に必要な設備や居室の広さ、人員配置などにも違いがあります。
サービス付き高齢者向け住宅は居室が広く設定されており、有料老人ホームでは介護スタッフなどの人員配置が充実しています。